Blog&column
ブログ・コラム

設備工事の種類について

query_builder 2022/09/15
コラム
40
設備工事にはさまざまな工事がありますが、種類によって仕事内容が異なります。
どれも技術職ですが、一度資格を取得すると転職などの際にも役立つでしょう。
そこで今回は設備工事の種類について紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼設備工事の種類
■電気設備工事
電気設備工事とは、電気に関わる全ての設備の工事を行います。
建物などに電気が通るように、設備などの工事が主な仕事内容です。
具体的には、発電設備・送電設備・変電設備・配電設備などの種類があります。
そのためケーブル配線作業や器具の設置など、幅広い工事を行うのです。

■水道設備工事
排水管から建物に給水管を引くのが、水道設備工事です。
繋ぎ方法を間違えると、飲料ではない水が出たり漏れたりなどのリスクがあります。
そのため、専門的な知識や技術が必要です。
具体的には、給水管引込工事・屋内配管工事・下水道排水設備工事などの種類があります。

■防災設備工事
防災設備工事とは、災害や火災などに対しての予防や避難を目的とした設備工事です。
日々の生活を安全に暮らせ人の安全を守るために、法律で定められている工事なんですよ。

■空気調和設備工事
空気調和設備工事とは、建物の温度や湿度を調整するための設備を設置するための工事です。
具体的に、ボイラーやエアコンなどさまざまな種類があります。

▼まとめ
設備工事には多くの種類がありますが、その中でも今回は4つを紹介しました。
種類によって仕事内容は異なりますが、どういった種類の工事も室内が快適に過ごせるように設備するものばかりです。
そのため設備工事は、建物の機能面においてとても大切な工事なんですよ。
弊社では、愛知県の電気設備工事で一緒に働く仲間をしております。
知識や技術がない未経験者の方でも必要なスキルを一から身に付けることができますので、是非一度お問い合わせください。

NEW

  • 電気設備工事の流れについて詳しく解説

    query_builder 2022/10/01
  • 設備工事の種類について

    query_builder 2022/09/15
  • 設備工事の仕事内容について

    query_builder 2022/09/01
  • 設備工事に必要な工具について

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE