Blog&column
ブログ・コラム

電気設備工事業への転職が向いている人について解説

query_builder 2022/12/01
コラム
45
電気設備業への転職の際「電気設備業に向いているのかな」という不安をお持ちではないでしょうか。
事前に向いているかどうか知った上で入社したい方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、電気設備工事業への転職が向いている人に関して解説します。

▼電気設備工事業への転職が向いている人
■コミュニケーションを正しく取れる人
電気設備工事業での大切なコミュニケーションは、「指示や説明を正確に理解すること」「正直に報告・連絡・相談すること」です。
工事現場では、正確に進めることが何より大切なので、コミュニケーションで大事なことは情報の正確さです。
正確に聞くこと、正確に伝えることが求められています。

■体力に自信がある
電気設備業の仕事は肉体的にも決して楽ではないので、ある程度の体力は必要です。
電気工事士の資格を取った暁には細いケーブル相手だけではなく、時には太いケーブルを何十メートルにも渡って敷設することがあります。
このような太いケーブルは電線管や電線ラックなどの中に敷設しますが、大体の場合高所にあります。
高所で太いケーブルを引っ張るには、相当な体力が必要です。

■慎重な性格
電気工事は非常に危険度が高い仕事であり、誤った作業方法や手順で進めると漏電が発生してしまいます。
その結果ショート箇所が火災の原因となり、最悪の場合死傷者が出るか可能性があります。
このため、電気工事の際には安全面に万全を期して、丁寧かつ確実に作業することが必要で性格的に慎重な人が向いています。

▼まとめ
電気設備工事業にはコミュニケーションが正しく取れ・体力に自信があり・慎重な性格の方が向いています。
電気がなければ生活できないので、仕事がなくなる事はないでしょう。
杉本電気有限会社では新幹線の電車電線の保守や点検等に従事して下さる職人の方を正社員として募集中です。
お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 鉄道電気設備の保守点検について解説

    query_builder 2023/01/03
  • 電気設備工事業への転職が向いている人について解説

    query_builder 2022/12/01
  • 電気設備工事に必要な資格とは

    query_builder 2022/11/15
  • 鉄道電気設備の求人に書かれている仕事内容について解説

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE